網膜剥離の術後からの視力回復

網膜剥離の術後からの視力回復

網膜剥離になった場合は手術を受けることがあります。手術方法としては、硝子体手術や

胸膜バックリングなどの方法がありますが、これらの手術を行ってからしばらく経てば視力回復ができる可能性はあります。目の手術になりますので、入院が必要になります。大体3週間入院することもありますので不安もあるでしょうが、網膜剥離は完治する可能性が高まっていますので、不安に思う必要はありません。

しかし、網膜剥離の術後、思ったよりも視力回復効果が得られないこともあるでしょう。手術後は医療機関でも経過を見ることになりますし、視力検査なども行います。その時に、以前に比べてまだ視力が落ちていることも考えられます。また、視力自体は問題が無くても、今までと少し見え方が違ったり、ぼやけて見えるという場合もあります。

このような症状が現れれば不安に思うでしょうが、時間が経てば徐々に戻る可能性もありますし、トレーニングを積むことで改善する可能性も考えられます。また、治療の開始が遅れた場合は視力が完全に元の状態に戻らないことも考えられますので、放置せずに早めに治療を受けることも、視力回復をする上で大切です。