立体視で視力回復ができる平行法について

立体視で視力回復ができる平行法について

立体視を利用して視力回復をすることができると言われています。立体視の1つとして平行法があります。平行法は非常に簡単な方法で、同じ2枚の画像を用意するだけで良いのです。

しかし、ただ2枚の画像を見れば良いだけではありません。普通の目の使い方をするのではなく、目でしっかりと見ようとするのではなく、ボーッと遠くを見る様な形で画像を見るのです。そうすると、画像がぼやけてくると思いますが、それで良いのです。

平行法の場合、近くでは無く、ある程度遠くに画像を置きます。遠くに置いた上で、右目で右の画像を見て、左目で左の画像を見て下さい。平行法が実践できるのであれば、交差法も実践しやすいと思います。交差法の場合は右目で左の画像、左目で右の画像を見ます。寄り目のような形にすると見やすいでしょう。

平行法よりも交差法の方が簡単ですから、最初に交差法を実践してみると良いでしょう。交差法を実践した上で、平行法を実践してみると、簡単に感じるのではないでしょうか。