視力回復で平行法の効果とは?

視力回復で平行法の効果とは?

視力回復をするにあたって平行法という方法もあります。平行法を利用することによって視力回復効果が得られる可能性もありますので、興味のある人はチャレンジしてみると良いでしょう。

たとえば、屈折性近視の場合は水晶体の屈折力が強く、水晶体が厚くなっていることによって視力が低下しているのです。でも、平行法を利用することによって水晶体を薄くすることができますので、視力が回復する可能性はあるのです。

しかし、視力低下の原因は近視だけではありません。遠視の場合もあれば老眼の場合もあります。近視の場合なら平行法によって視力回復できる可能性はありますが、それ以外の原因によって視力が低下している場合は、視力が回復できない可能性もあります。平行法だけでなく、交差法というトレーニング方法もあるのですが、交差法の場合が適している可能性もあります。どちらの方が良いのか、若しくはそれ以外の方法が良いのかは自分で判断しづらいかもしれませんが、自分の目の症状から見極めて、まずはトレーニングを実践してみると良いでしょう。