3dを利用した視力回復方法である平行法

3dを利用した視力回復方法である平行法

3dは立体視とも言われており、最近は3Dに対応しているテレビや携帯電話なども増えています。そんな立体視は、視力回復にも効果的だと言われているのをご存知でしょうか?立体視の一つとして平行法がありますが、平行法は視力回復トレーニングの1つなのです。

3dと言っても、3dの画像を見れば良いわけではありません。目の特別な使い方をすることによって、画像を立体視することが大切です。実際に、平行法向けの画像なども用意されていますので、そのようなものを利用するとチャレンジしやすいでしょう。

平行法を自宅でチャレンジする場合は、同じ画像を2枚用意して、遠くに2枚並べて置きます。後は、少し離れた場所から左目で左の画像、右目で右の画像を見るだけですから簡単です。ただ見るのではなく、遠くを見るような感じで、必死にピントを合わせようとする必要はありません。画像がぼやけても良いのです。なるべく目をリラックスさせた状態でボーッと見てみましょう。正しい目の使い方ができるようになれば、手軽に自宅で視力回復トレーニングに励むことができるはずですから、まずは正しいやり方を把握してチャレンジすることが大切です。