視力回復には水晶体を柔軟に保つことも効果的

視力回復には水晶体を柔軟に保つことも効果的

視力回復をするためには、水晶体を柔軟に保つことも大切だと言われています。水晶体は、私たちが遠くを見る時と近くを見る時で厚みが変わります。それによって色々なものが見えているのです。つまり、柔軟でなくてはならないのです。しかし、水晶体も衰えますし、様々な要因によって水晶体の柔軟性が失われることもありますので、意識的に柔軟性を保つ努力をすることが大切です。

なんらかの要因によって水晶体の厚みが戻らなくなると、ピントが合いにくくなります。長時間何かを見続けたりすると、水晶体が元に戻らなくなることもありますが、これを仮性近視と言います。仮性近親の場合は一時的なことなのですが、そのまま放っておくと本格的な近視に発展しますので注意が必要です。

その上、加齢とともに水晶体が硬くなるという性質もあります。だからこそ、はやいうちから水晶体の柔軟性を保つトレーニングなどを実践しましょう。