視力回復手術の種類とは?

視力回復手術の種類とは?

視力回復が出来る手術もあります。手術をする場合は、比較的短時間で視力回復が出来るという魅力があります。また、最近では手術の種類も増えていますので、その中から自分の目的や目の状態に合った方法を選ぶことがポイントです。

一般的なのがレーシックだと思います。レーシックはレーザーを使って目の角膜の屈折率を矯正する方法です。短時間で終わりますし、視力が非常に低い人でも視力が回復する可能性はあります。

エピレーシックは、一般的なレーシックに比べると、フラップが薄いという特徴があります。フラップは薄ければ薄いほど自然に感じますし、強度近視の人でも視力が回復する可能性があるのです。また、角膜が薄い人でも実践できる可能性があるため、一般的なレーシックを断られてしまった経験のある人は、エピレーシックにチャレンジしてみると良いでしょう。

また、最先端の視力回復の手術として、イントラウェーブフロントレーシックがあります。これは、イントラレーシックとウェーブフロントレーシックを組み合わせた方法です。だからこそ、様々な人の目の状態に合わせて手術を実践することが出来ます。

この他にも色々な種類があります。クリニックによって対応している手術の種類が異なるでしょう。だからこそ、最初にクリニックに足を運んで、詳しい説明を聞いてみて下さい。本当に信頼できる医師だと判断出来た場合に、必要があれば眼科などを受診して手術を受けるかどうか決めてみてください。