視力回復が出来るコンタクトレンズのデメリット

視力回復が出来るコンタクトレンズのデメリット

視力回復が出来るコンタクトレンズは、メリットが大きいと言えるでしょう。寝ている間に装着するだけで、起きれば視力が回復していますので、日中は裸眼で生活することが出来ます。そのような生活を続けていれば、徐々に角膜の歪みが矯正されるものなのです。

しかし、このコンタクトレンズにもデメリットがあります。たとえばオルソケラトロジーの場合は、強度近視の場合は矯正出来ない可能性があります。コンタクトレンズを購入する前に、目に使える状態なのかどうか、眼科で検査を行うのが一般的です。その時に強度近視だと診断されると、オルソケラトロジーが利用できないかもしれません。

また、ドライアイや角膜炎などのトラブルが起こっている場合は、使用できないとも言われています。あくまでコンタクトレンズを装着しますので、目にトラブルがあると効果が現れなかったり、目のトラブルが悪化する可能性も考えられます。だからこそ、安全性を考慮して断られてしまう場合もあるのです。また、コンタクトレンズを購入する際の費用は決して安いものではありませんし、ある程度の期間は毎晩装着する必要がありますので、これをデメリットに感じる人もいるでしょう。

視力回復が出来るコンタクトレンズは非常に手軽な方法ですが、このようなデメリットもありますので、その点もきちんと確認した上で利用すると失敗しにくいと思います。