視力を回復させるために食べるもの

視力を回復させるために食べるもの

視力回復に不可欠な成分は、「ビタミンA」、「ビタミンC」、「ビタミンB1」、「ビタミンB2」、「ビタミンE」、「アントシアニン」、「亜鉛」になります。これらの成分が豊富な食べ物を積極的に摂ることによって、視力の改善に役立つわけです。具体的な食べ物の代表に、まず「うなぎ(ウナギ目ウナギ科の魚であり、北海道以南の内湾、河川・池沼に分布していて、全長約60センチの体は細長い円筒状で、腹びれがない)」が挙げれます。うなぎには、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2が含まれています。また、「レバー(食用にする、牛・豚・鶏などの肝臓)」も有効です。レバーには、ビタミンAや亜鉛が豊富に含まれています。また、貝の「カキ(イタボガキ科の二枚貝の総称であり、海中の岩などに固着していて貝殻形は一定しないが、片方の殻は膨らみが強く、片方は平たい)」も良いでしょう。カキには、ビタミンB1、ビタミンB2、亜鉛が含まれているので、視力回復に効果が期待出来るでしょう。