視力を回復させるビタミン群詳細

視力を回復させるビタミン群詳細

目にいいとされる成分には、「ビタミンA」、「ビタミンC」、「ビタミンB1」のほかにもまだあります。ちなみにビタミンB1は、最初に発見されたビタミンであり、鈴木梅太郎も発見したことから、オリザニンと命名されました。別称としては、チアミンやアノイリンがあります。また「ビタミンB2(ビタミンB複合体の1つであり、酵母・米ぬか・牛乳・肉などに含まれていて、フラビン酵素の補酵素として働き、欠乏すると口角炎・舌炎・皮膚炎・結膜炎などを起こす要因になる)」は、かつてビタミンGと呼ばれていました。別称として、リボフラビンやラクトフラビンがあります。そして「ビタミンE(脂溶性ビタミンの1つであり、野菜・植物性油脂などに多く含まれており、不飽和脂肪酸の過酸化を防ぐ作用を持っていることから、欠乏すると生殖機能の減退や貧血になることなどが知られる)」もまた、視力回復に適している成分の1つと言われています。ビタミンEは、別称として、トコフェロールがあります。