目にいい成分で視力を回復させる

目にいい成分で視力を回復させる

目にいいとされる成分がいくつか存在します。「ビタミンA(脂溶性ビタミンの1つであり、肝油・卵黄・バターなどに多く含まれていて、植物中のカロテンも体内でこれに変化する成分であり、A1であるレチノールとA2が存在していて、欠乏すると、発育不良・夜盲症や角膜・皮膚の乾燥などを起こす要因になる)」、「ビタミンC(水溶性のビタミンの1つであり、新鮮な野菜・果物や緑茶などに含まれていて、熱に弱く、すぐ分解してしまうが、強い還元作用があって、体内の酸化還元反応に関与しており、欠乏すると壊血病を起こす要因になり)」、「ビタミンB1(ビタミンB複合体の1つであり、米ぬか・酵母・肝臓などに多く含まれていて、糖質代謝に関与し、欠乏すると脚気・神経炎などを起こす要因になる)」などが代表的です。またビタミンCには、ビタミンEと一緒に取ると、さらに効き目があると言われています。ちなみに、ビタミンCは別称として、アスコルビン酸があります。