遠くを見る視力回復トレーニングまとめ

遠くを見る視力回復トレーニングまとめ

遠くを見るという視力回復トレーニングは、小学生の「仮性近視(目を近づけて長時間本を読んだり、細かな作業をしたりして、毛様体筋が緊張を続けすぎて回復しにくくなり、一時的に近視のようになる状態)」や、「屈折性近視」に、特に効果的だと言われています。しかしながらも、視力が0・01というような、既に強度の「近視(平行光線が網膜の前方で像を結ぶため、遠い所がよく見えない状態であり、またその目自体を指し、水晶体の屈折力が強すぎるか、網膜までの距離が長すぎるために起こり、凹レンズで矯正が可能)」の人であっても、疲れ目の仮性の部分に関しては、視力をアップさせる可能性があります。これによって視力低下していた場合、その分は、遠くを見る視力訓練方法によって、回復が見込めるからです。さらに、たとえ視力が0・1以下の極度の近視や近眼であったとしても、遠くを見ることが主体の生活を送り、長い年月をかけて、遠くを見続ける習慣を持てた場合には、脳の「可塑性(かそせい、固体に外力を加えて変形させ、力を取り去ってももとに戻らない性質)」によって、遠くが見やすい目という眼軸が元に戻っていく可能性があるのです。