視力回復訓練において遠くを見る方法

視力回復訓練において遠くを見る方法

視力を回復するための訓練として、遠くを見る方法としては、ただ単に目を凝らすだけではありません。例えば、受験勉強やゲーム機などに熱中した後に、目が乾いたり、目がチカチカしたり、しょぼしょぼ(疲れなどで、目をはっきりあけられず、しきりにまばたきをするさま)したり、目が痛かったりということがあるかもしれません。そのような場合において、遠くの一点を凝視しようとすると、目の疲れがますます増大してしまい、「眼精疲労(物を見ていると、目が疲れて痛くなり、物がかすんだり二重に見えたり、頭痛・悪心・嘔吐などを起こしたりする状態であり、疲れ目とは異なり、睡眠をとっても症状が回復しないほどの重篤な状態を言う)」を招く可能性があるので、注意が必要です。このような場合に遠くを見るための別の方法があります。しかしながらも、特別な方法ではなく、誰でも近業作業の後に、疲れ目解消として、無意識に行なっている行為になります。つまり、遠くを広い視野で、ぼんやりと眺めることです。