近視のための視力回復訓練方法

近視のための視力回復訓練方法

「水晶体(眼球内の前方にあり、外からの光線を屈折して網膜上に像を結ばせる器官であり、透明なレンズ状をなす)」体操法、遠近体操法などを、遠法凝視法に併用することによって、筋力強化が期待出来ます。これにより疲れ目が解消されて、「近視(平行光線が網膜の前方で像を結ぶため、遠い所がよく見えない状態であり、またその目自体を指し、水晶体の屈折力が強すぎるか、網膜までの距離が長すぎるために起こり、凹レンズで矯正が可能)」を予防することになるのです。例えばダイエットによって筋肉を付けると、基礎代謝がアップすることから、太りにくくなることが証明されています。これと同じくして、「毛様体筋(水晶体の厚さを変えて屈折度を調節し、像の焦点を合わせる働きをする、眼球の水晶体を輪状に取り囲む組織)」が強化されることによって、急激な視力低下の危険性が少なくなるという効果が得られるわけです。遠くが見えにくいと悩んでいる人や、学校の黒板の文字を後ろの席からではぼやけてしまい、よく見えないという人などは、遠方凝視法や水晶体体操法という視力訓練方法が適しています。