たくさんある視力を回復するための訓練法

たくさんある視力を回復するための訓練法

視力を回復するための訓練法は、実はたくさん存在します。例えば、近くと遠くをもっと短時間に往復する、「水晶体(眼球内の前方にあり、外からの光線を屈折して網膜上に像を結ばせる器官であり、透明なレンズ状をなす)」体操法、遠近体操法などといった、視力改善のための訓練になります。具体的には、3秒ずつ、遠近を交互に眺めたり、1秒ずつ交互に見比べたりするといった、目のエクササイズになります。遠くを見ることと、近くを見ることの間隔が狭ければ狭いほど、ただ単に「毛様体筋(水晶体の厚さを変えて屈折度を調節し、像の焦点を合わせる働きをする、眼球の水晶体を輪状に取り囲む組織)」を弛緩させて、水晶体を薄くするという作用だけではなく、毛様体筋の筋力の向上という要素が入ってくるわけです。「近視(平行光線が網膜の前方で像を結ぶため、遠い所がよく見えない状態であり、またその目自体を指し、水晶体の屈折力が強すぎるか、網膜までの距離が長すぎるために起こり、凹レンズで矯正が可能)」とは、詰まる所、目の運動不足になります。