視力回復方法は遠くを見ること

視力回復方法は遠くを見ること

視力を回復させるために効果的は方法として、「遠くを見る」ことが挙げられます。具体的な方法としては、ピントを30センチから1メートルくらいの物に移動して、10~20秒の間じっと見るのです。そして、遠くの1点を5分くらい見ます。これを繰り返すといいと言われています。実はこの遠くを見る視力訓練方法は、最もポピュラーな「近視(平行光線が網膜の前方で像を結ぶため、遠い所がよく見えない状態であり、またその目自体を指し、水晶体の屈折力が強すぎるか、網膜までの距離が長すぎるために起こり、凹レンズで矯正が可能)」回復法だと言えるそうです。目と視力のことをあまり知らない人であっても、星を見ればいいとか、遠くの景色を見ればいいと、私たちは1度は聞いたことがあるはずです。アフリカの場合、常に遠方を見ていることから、視力が4・0~6・0になるのが、当たり前なのだそうです。視力が1・2というと、日本の場合、すごく目がいい人に該当されるはずですが、アフリカの場合では1・2程度では、近視とみなされるそうです。