ドライアイから視力を回復させる方法

ドライアイから視力を回復させる方法

「ドライアイ」とは、涙の減少や変化によって、目の表面、「角膜(眼球の前面を覆う透明な膜であり、後方につながる強膜とともに眼球壁をなし、後面は前眼房に接している膜)」や「結膜(まぶたの裏と眼球の表面を覆っている無色透明の粘膜)」の健康が損なわれる疾患になります。簡単に言うと、目が乾くという状態ですが、その病態は、実は複雑をきしているのです。涙の分泌が減ってしまい涙が不足したり、涙の蒸発が増えて目が乾いたり、涙の安定性が悪くなったりするなど、様々な悪弊がもたらされてしまうのです。こうした症状によって、角膜や結膜の表面が、いわゆる「肌荒れ(肌が荒れること・皮膚がかさかさになること)」のような状態となってしまい、目の不快感や疲れなどの症状が現れるというわけです。さらに、その痛みや刺激によって、反射性の涙が出てしまうという「ウェット(ぬれたり湿ったりしていること)」タイプのドライアイもまた、ドライアイの1つに定義されています。