視力回復のための目のマッサージ方法

視力回復のための目のマッサージ方法

現代日本において「マッサージ(主に手で、皮膚や筋肉をさすったり、もんだり、たたいたりして刺激を与え、新陳代謝をよくして、機能を回復させて治療を図ること)」は、特に忙しい人にとっては、かかすことの出来ない存在でしょう。人間にとっての「目」は、非常にデリケートな部分になりますが、この目にもマッサージを施すことが出来るのはご存知でしょうか。特に疲れ目には、目の周辺の骨の部分を、人差し指と中指によって軽く押しながらマッサージすると効果的です。この時に、「眼球(眼窩内に収まり、強膜または角膜・脈絡膜・網膜の3層の膜に包まれ、内部に水晶体・硝子体などが入っている、脊椎動物の視覚をつかさどる、一対の球状の器官)」を押さないように気を付けて下さい。あくまでも目の周りだけを、軽く、気持ちが良いと感じる程度にマッサージするようにしましょう。また、この時に、「肩」や「首」の張りも一緒にほぐすと、より効果が期待出来るはずです。