目の疲れによって充血した時の視力回復方法

目の疲れによって充血した時の視力回復方法

目が疲れて、「充血(身体の一部で動脈末梢の血管が拡脹し、その部位に通常より多く血液の集まっている状態であり、赤く見え、温度も高い)」してる際の視力回復方法があります。特に「白目(眼球の白い部分)」が充血している時には、目を冷やすことをお勧めします。氷りなどを張った冷水で絞ったタオルを目に覆って、しばらく楽な姿勢でゆっくりと休んでみて下さい。それからその後に、逆に温めてみると、さらに効果的だと言われています。充血だけでなく、しょぼしょぼ(疲れなどで、目をはっきりあけられず、しきりにまばたきをするさま)とした症状が同時に出ている場合は特に、冷やすと温めるということを、交互に行うと良いでしょう。特に「近視(平行光線が網膜の前方で像を結ぶため、遠い所がよく見えない状態であり、またその目自体を指し、水晶体の屈折力が強すぎるか、網膜までの距離が長すぎるために起こり、凹レンズで矯正が可能)」を有している場合、視力回復にとても効果が期待出来ます。