長時間目を使った時の視力回復方法

長時間目を使った時の視力回復方法

長時間、目を酷使した状況が続くと、乾燥したり、しょぼしょぼ(疲れなどで、目をはっきりあけられず、しきりにまばたきをするさま)としたりすることがあります。例えば、現代ではパソコンのモニタなどを長時間見る機会も多いため、瞳がしょぼつくことがあるはずです。その原因は、「血行不良(血行がよくないことであり、血液が体の各部に十分に行き渡らない状態のことで、肩こりや腰痛、手足の冷えなどの一因となる)」だと言われています。そんな時は、目を温めてみることをお勧めします。まずは楽な姿勢で横になり、熱めに沸かしたお湯で絞ったタオルを目全体に覆って、しばらく静かに休むのです。この方法は、特に「近視(平行光線が網膜の前方で像を結ぶため、遠い所がよく見えない状態であり、またその目自体を指し、水晶体の屈折力が強すぎるか、網膜までの距離が長すぎるために起こり、凹レンズで矯正が可能)」を有している場合、視力回復にとても効果が期待出来ます。