視力回復センターによる視力回復について

視力回復センターによる視力回復について

現在日本には、様々な「視力回復センター」が存在します。この視力回復センターで出されているデータの傾向として、各視力回復センターのホームページを見てみると、通っている患者のデータが掲載されているのをご存知でしょうか。このデータによると、完治例としては初回に0・3~0・7の場合、半年経過後には、1・0~1・5程度となっており、回復例としては、初回においての0・1以下が、半年から1年程度の経過後には、0・3~0・7だと平均的に記載されています。こうしたデータを単純に解釈する場合、「近視(平行光線が網膜の前方で像を結ぶため、遠い所がよく見えない状態であり、またその目自体を指し、水晶体の屈折力が強すぎるか、網膜までの距離が長すぎるために起こり、凹レンズで矯正が可能)」の度があまり悪くない人に該当する0・3~0・7程度の場合は、完治する可能性があるということです。しかしながらも、近視の度が進んでしまった人として該当する、0・1以下の場合では、回復は見込めても、完治はしないということが分かります。