眼圧減少の応用で視力を回復させる

眼圧減少の応用で視力を回復させる

「眼圧(眼球の形を維持し、角膜の透明性を保持して、房水の産生が多くなり、流出とのつりあいが異常になると圧が高くなり、緑内障となる、眼球内の房水と硝子体の静水圧)」を減少させる基本を理解したら、応用に取り組んでみましょう。応用としては、動くものに対する、目の反応を利用する方法になります。具体的には、前述した目の使い方のままで、頭を上下・左右にゆっくりと振ります。そして、前述した目の使い方のままで、頭を左右にゆっくりとかしげてみましょう。また、前述した目の使い方によって、電車の窓から外を眺めるなどが、効果が期待出来ます。ほかにも様々に応用が可能になっているので、自分なりに色々試してみましょう。これらの方法に効果が感じられるかどうかは、目にじわっと涙が溜まる状態が起こるかどうかで判定してみて下さい。注意事項としては、急激に行ってしまうと、「角膜(眼球の前面を覆う透明な膜であり、後方につながる強膜とともに眼球壁をなし、後面は前眼房に接している膜)」にゆがみである角膜乱視が出てくるため、無理な方法はしないように気を付けて下さい。