視力を回復させるために眼圧を減少させる

視力を回復させるために眼圧を減少させる

「眼圧(眼球の形を維持し、角膜の透明性を保持して、房水の産生が多くなり、流出とのつりあいが異常になると圧が高くなり、緑内障となる、眼球内の房水と硝子体の静水圧)」を減少させることによって、視力を回復させる効果が期待出来ることが分かっています。その具体的な方法としてはまず、「速読(本などを普通よりも速く読むこと)」が効果的だというように、注視をする目の使い方を訓練することです。そして、遠くを見る場合において、「注視訓練(一点を注意深くじっと見ることをする目の使い方を訓練すること)」の時と同じようにして、目を細めずに、また力むこともなく、注視して見るようにしましょう。さらにこの方法で、目にじわっと涙が溜まった際の、目の使い方を覚えることです。この時の経験を活かして、覚えた目の使い方を習慣付けるようにします。基本的な方法は、たったこれだけになります。つまり、眼圧を減少させる目の使い方を、日常の中で出来るだけ多くこなしていくこと、自然に出来るようにしていくということが大切だということです。