効果的な視力回復方法とは何か?

効果的な視力回復方法とは何か?

涙がたくさん零れるという、「メガネ(近視・遠視・乱視などの視力を調整したり、強い光線から目を保護したりするために用いる、凹または凸レンズや色ガラスなどを使った器具)」を外すことによって起こる現象は、「眼圧(眼球の形を維持し、角膜の透明性を保持して、房水の産生が多くなり、流出とのつりあいが異常になると圧が高くなり、緑内障となる、眼球内の房水と硝子体の静水圧)」が減少するために発生するのです。実は日常の生活の中においても、眼圧が減少する目の使い方をすることが、回復につながるのだと考えられているのです。つまりそれとは反対に、眼圧を増加させるような目の使い方をすることによって、「近視(平行光線が網膜の前方で像を結ぶため、遠い所がよく見えない状態であり、またその目自体を指し、水晶体の屈折力が強すぎるか、網膜までの距離が長すぎるために起こり、凹レンズで矯正が可能)」になったり、度が進行したりするわけです。眼圧が減少する目の使い方には、具体的な方法がいくつか存在しているので、参考にしてみましょう。