メガネを外した視力回復の知識

メガネを外した視力回復の知識

「メガネ(近視・遠視・乱視などの視力を調整したり、強い光線から目を保護したりするために用いる、凹または凸レンズや色ガラスなどを使った器具)」を外した場合、涙がぼろぼろと零れ落ちてくるという人はいませんか。このような事象が、なぜ起こるのかご存知でしょうか。目の悪い人で、明るいところでメガネを外すと、煙が目に染みた際のような、涙がたくさん零れてきて、目が開けていられないという経験をした人が、実は多いと思います。これは物理的に原因が説明出来ます。表面と目の内部側の長さである円周の長さの違いによって、「角膜(眼球の前面を覆う透明な膜であり、後方につながる強膜とともに眼球壁をなし、後面は前眼房に接している膜)」の表面部では、収縮方向の力が発生しています。これはちょうど、厚手のボール紙など丸めると、内側にしわが出来るという原理と同じことです。この収縮力が、角膜の表面での痛みを発生させて、涙をたくさん零すという原因となっていると考えられているのです。