視力回復のための注視訓練における事象

視力回復のための注視訓練における事象

視力、特に「近視(平行光線が網膜の前方で像を結ぶため、遠い所がよく見えない状態であり、またその目自体を指し、水晶体の屈折力が強すぎるか、網膜までの距離が長すぎるために起こり、凹レンズで矯正が可能)」を回復させるために、「注視訓練(一点を注意深くじっと見ることをする目の使い方を訓練すること)」を行っていると、円が消える事象が発生します。周辺の円が消える事象については、目の調節機能と何らかの関係があると考えられていますが、実は医学的に説明がついているのかは、現在においても未だに不明だそうです。また、こうした事象については、着目点がいくつかあります。着目点の1つめに挙げられるのが、円の欠けは、中心点を注視したときに起こるということです。そして2つめに挙げられるのが、片目で行ってもまた、周りの円は消えるということです。さらに、3つめに挙げられるのが、黒地に白で描いた場合であっても、円は消えるということにあります。