注視訓練の注意事項を守って視力を上手に回復させる

注視訓練の注意事項を守って視力を上手に回復させる

「近視(平行光線が網膜の前方で像を結ぶため、遠い所がよく見えない状態であり、またその目自体を指し、水晶体の屈折力が強すぎるか、網膜までの距離が長すぎるために起こり、凹レンズで矯正が可能)」の度が進行している人の場合は、1つ前の度の「メガネ(近視・遠視・乱視などの視力を調整したり、強い光線から目を保護したりするために用いる、凹または凸レンズや色ガラスなどを使った器具)」や「コンタクト(眼鏡の代わりに、目の角膜の上に涙の表面張力で密着させ、視力を矯正するレンズ)」で行うことをお勧めします。裸眼で行った場合は、煙が目しみるような痛みを覚えやすいので、注意が必要です。またこの訓練を頻繁に繰り返していると、「角膜(眼球の前面を覆う透明な膜であり、後方につながる強膜とともに眼球壁をなし、後面は前眼房に接している膜)乱視(一般に角膜の表面、ときに水晶体の表面が球面になっていないため、あるいは角膜と水晶体の中心がずれているために、外界の一点から出る光線が網膜上に一点として結像しない状態をいう)」が起こる可能性があることも知っておいて下さい。