視力回復のための注視訓練について

視力回復のための注視訓練について

視力を回復させるために、一点を「注視(注意深くじっと見ること)」する目の使い方を訓練することが、注視訓練になります。訓練する上で、注意及びポイントがあるので熟知しておきましょう。まず、この訓練は効果が期待出来る訓練ですが、万人に効く保証は一切ないということです。そしてあくまでも訓練は、自己責任で行うということです。さらにこの訓練によって、少しでも目に異常をきたした場合は、訓練を速やかに中止して下さい。そして、専門医の指示を仰ぎましょう。また、注視訓練は、日常の生活の中において、一点を注視して見るという目の使い方の訓練になっているので、訓練にかけた時間は意味を要しません。そして、「近視(平行光線が網膜の前方で像を結ぶため、遠い所がよく見えない状態であり、またその目自体を指し、水晶体の屈折力が強すぎるか、網膜までの距離が長すぎるために起こり、凹レンズで矯正が可能)」の度が進行している人の場合は、いきなり裸眼で行うことは避けましょう。