誰でも出来る視力回復方法の実践

誰でも出来る視力回復方法の実践

視力、特に「近視(平行光線が網膜の前方で像を結ぶため、遠い所がよく見えない状態であり、またその目自体を指し、水晶体の屈折力が強すぎるか、網膜までの距離が長すぎるために起こり、凹レンズで矯正が可能)」を回復させる、誰でも出来る方法としては、「眼球(眼窩内に収まり、強膜または角膜・脈絡膜・網膜の3層の膜に包まれ、内部に水晶体・硝子体などが入っている、脊椎動物の視覚をつかさどる、一対の球状の器官)」を扁平させる力が、加わらないような眼の使い方を多くすることが大切だとしています。これは基本的に、「注視(注意深くじっと見ること)」点をきちんと見るという、視力回復ブックにもよく書かれている眼の使い方のことです。視力回復の実践としては、まずは注視する眼の機能を高めることを目標としてます。そして、日常生活において、注視するという眼の使い方を、習慣付けることが大切です。これらを実践していくことによって、実際に視力回復効果を得られた人が多くいるのもまた現状です。