視力回復方法の原理まとめ

視力回復方法の原理まとめ

視力を回復させる方法としては、まず「眼球(眼窩内に収まり、強膜または角膜・脈絡膜・網膜の3層の膜に包まれ、内部に水晶体・硝子体などが入っている、脊椎動物の視覚をつかさどる、一対の球状の器官)」を扁平させる力が加わらない眼の使い方を多くすることです。そして、「房水(眼圧を一定に保ち、角膜・水晶体に栄養補給を行う、眼球の角膜と虹彩との間、および虹彩と水晶体との間を満たす液)」の生成と排出によって、「眼圧(眼球の形を維持し、角膜の透明性を保持して、房水の産生が多くなり、流出とのつりあいが異常になると圧が高くなり、緑内障となる、眼球内の房水と硝子体の静水圧)」の調整が起こるようにします。これが、眼球の形状を復帰させる要因となるわけです。これら一連の作用が働くことによって、「正視(正面からまっすぐに見ること・まともに見ることを指し、正常な視力をもつ目、正常の調節作用によって、平行光線が網膜上に正しく像を結ぶ目のことを言う)」へと近付くことが可能となっているのです。