視力を回復するためのメカニズム

視力を回復するためのメカニズム

視力を回復させるためのメカニズム(機構・仕組み)としては、まず「眼球(眼窩内に収まり、強膜または角膜・脈絡膜・網膜の3層の膜に包まれ、内部に水晶体・硝子体などが入っている、脊椎動物の視覚をつかさどる、一対の球状の器官)」を扁平させる方向にある、「眼筋(眼球の運動に関与する筋であり、眼球をその方向に向ける上・下・内側・外側の各直筋と、回転の作用をする上・下の各斜筋からなる)」の力が加わる時間をなるべく短くして、「房水(眼圧を一定に保ち、角膜・水晶体に栄養補給を行う、眼球の角膜と虹彩との間、および虹彩と水晶体との間を満たす液)」の生成と排出機能による、「眼圧(眼球の形を維持し、角膜の透明性を保持して、房水の産生が多くなり、流出とのつりあいが異常になると圧が高くなり、緑内障となる、眼球内の房水と硝子体の静水圧)」の調整によって、正常な眼球の形状へと復帰させるという方法が考えられるわけです。これが視力を回復するためのメカニズムになります。