視力回復のための近視の物理的原因

視力回復のための近視の物理的原因

「近視(平行光線が網膜の前方で像を結ぶため、遠い所がよく見えない状態であり、またその目自体を指し、水晶体の屈折力が強すぎるか、網膜までの距離が長すぎるために起こり、凹レンズで矯正が可能)」には、医学的な根拠に基づく原因のほかに、物理的視点から見た原因があります。ここでは、「眼球(眼窩内に収まり、強膜または角膜・脈絡膜・網膜の3層の膜に包まれ、内部に水晶体・硝子体などが入っている、脊椎動物の視覚をつかさどる、一対の球状の器官)」の物理的な特性に着目します。あるメカニズムによって、近視が発生することを仮定しています。このような仮定は、様々な人の視力回復の経験を基にして、実際に眼の中で起こり得る物理的事象を仮定したものであり、こちらの場合、医学的な説や研究には添っていないことは知っておくべきです。まず、眼球を扁平させる方向の眼の使い方が増加します。そして、「房水(眼圧を一定に保ち、角膜・水晶体に栄養補給を行う、眼球の角膜と虹彩との間、および虹彩と水晶体との間を満たす液)」の生成と排出によって、眼圧の調整が起こり、眼球の形状変形までが生じるのです。これが、近視の発生になります。