視力回復に繋がる遠近法トレーニング

視力回復に繋がる遠近法トレーニング

遠近法を利用して視力回復できるトレーニングもあります。ただ遠くと近くを見るだけで良いですから、非常に簡単で自宅でも実践できる方法です。遠近法というと誤解する人もいるかもしれませんが、単純に遠くと近くを交互に見るという方法です。

人間は遠くと近くを見る時では、目の使い方が異なります。目はピントを合わせる必要があるのですが、その時に使われるのが毛様体筋という目の筋肉なのです。この部分が固まってしまうと近視となり、ピントが合わせづらくなってしまうと言われています。

トレーニングを実践することで、この毛様体筋をほぐすことができますので、ピントが合いやすくなって視力回復が出来ると言う訳です。

部屋の中で実践する場合は、部屋の端に目印となるものを置き、眼の前には人差し指を立てておきます。

近くにある人差し指を5秒間見たら、今度は部屋の端にある目印を5秒間見るという動きを繰り返してください。たったこれだけのトレーニング方法ですので、実践しやすいと思います。

また、いつもこのトレーニング方法だと飽きてしまうという場合は、ベランダに出て遠くの景色を見つめる、手元にある指を見つめるという方法を繰り返してみてください。出来れば遠くにある緑を見つめた方が効果的です。この方が気分もすっきりとするでしょうから、継続しやすいのではないでしょうか。