視力回復をするならオサートという方法も

視力回復をするならオサートという方法も

視力回復をしたいと思っている場合、オサートという方法もあります。これは、前眼部統合矯正療法とも言いますが、簡単に言うとコンタクトレンズを装着するだけで視力回復ができる画期的な方法なのです。

レーシックのように、角膜の屈折率を変更することでピントを合わせることができる方法なのです。レーシックの場合は手術をすることで角膜の屈折率を変更しますが、オサートの場合は手術をすることなく、毎日コンタクトレンズを装着するだけで済むというメリットがあります。

夜寝ている間にオサートを装着し、朝起きた時に外すと裸眼でも視力が回復した状態になるのです。そのまま裸眼の状態で日中を過ごすことができるため、非常に楽なのです。寝ている間にコンタクトを装着するだけなので手間も掛かりません。米国では2005年に特許を取得している方法なので、安全性も高いという特徴があります。

強度の近視や遠視であっても視力回復できる可能性がありますので、レーシックで断られてしまった人にもチャンスはあります。費用は高めですのである程度は覚悟しておく必要がありますが、それでも視力回復をしたいというのであれば、オサートを取り扱っている眼科などに足を運んでみると良いと思います。