視力回復ができる手術の種類について

視力回復ができる手術の種類について

視力回復ができる手術としてレーシックがありますが、レーシックと言ってもいくつかの種類があります。方法はどれも似ていますが、一般的なレーシックというのは角膜の屈折異常を矯正する手術になります。イントラレーシックという種類は、基本的な手術方法は同じなのですが、一般的なレーシックに比べて技術が進み、より視力回復効果が高いとされるものなのです。

更に上をいくのがエピレーシックであり、手術をする際に作成するフラップが非常に薄いため、角膜の厚みがしっかりと残るというメリットがあります。角膜の状態によっては普通のレーシックでは対応できないと言われることもあるのですが、そのような人でも手術が受けられる可能性があるのです。強度近視の方にも向いている方法です。

また、ウェーブフロントレーシックという種類もあるのですが、これは強度近視や乱視、不正乱視にも対応している方法になります。質が高いため、様々な角膜の状態に対応しているのです。

フェイキックIOLという種類もありますが、これは角膜と水晶体の間に人工レンズを入れることにより、視力を回復させるという方法になります。まるで裸眼の状態でもメガネをしているかのような状態になるため、手軽に視力を回復させることができるのです。人工のレンズによって角膜の屈折率を変えるという方法ですから、角膜が薄い人にも適しています。

ラセックという方法もありますが、これは角膜の上皮だけをめくってフラップを作成するという特徴があります。角膜の上皮だけめくるだけで済みますので、角膜が薄い人は強度近視の人にも対応できる場合があります。

このように種類によって特徴が異なります。精度や質が高ければその分費用も高くなりがちですが、自分の目の状態に合った種類を選ぶことが大切です。