立体視による視力回復ができる理由

立体視による視力回復ができる理由

立体視による視力回復ができる理由は、目と脳の関係にあります。目というのは毎日平面図ばっかり見ていると、目の周囲にある筋肉が固まってしまうのです。同じ場所ばかり見ることによって、筋肉を利用してピントを合わせる機会が少なくなりますので、目の筋肉が徐々に衰えてしまうのです。いざ遠くを見たりする時にピントが合いづらくなり、視力が低下していくというわけです。

また、年齢を重ねることによっても目の周囲にある筋肉は衰えてしまいますので、何らかの方法によって目の筋肉をほぐしたり鍛えたりすることが視力回復に繋がります。それが可能なのが立体視なのです。

画像を立体的に見るためには、目と脳が特殊な働きをすることになるのです。いつもとは違った目の使い方をしなくてはなりません。最初は慣れるまでに時間が掛かると思いますが、それだけ目の筋肉が衰えている証だと言えるでしょう。立体視を毎日実践していると目の周囲の筋肉を鍛えることができるため、徐々に機能が高まってピントが合いやすくなります。

すぐに視力が回復するわけではありませんが、継続的に特殊な目の使い方をすることによって視力は元に戻っていくことでしょう。急激な効果は期待できませんが、遠くを見る時に以前よりも物がはっきりと見えるようになったなど、嬉しい効果が期待できると言われています。