視力を回復させるためのビタミンB12摂取方法2

視力を回復させるためのビタミンB12摂取方法2

「ビタミンB12」の摂取が不足してしまうと、血液が上手に生成されなくなります。これによって、「赤血球(脊椎動物ではヘモグロビンを含むために赤く、哺乳類では中央部のくぼんだ円盤形で無核な血液の主成分をなす単細胞)」の数が減ってしまうことになるわけです。この状態は、深刻な酸素不足と栄養不足を引き起こすのです。こうした作用には、目もまた例外ではありません。私たちの眼底には、毛細血管が張り巡らされています。この毛細血管の中でも、赤血球が休まずに流れているのです。目の組織へ酸素と栄養を送り続けているのです。つまり、目の細胞の新陳代謝を活発にするためには、ビタミンB12の摂取は欠かせないということです。ビタミンB12を摂取することは、神経の伝達に深く関わってきます。「ビタミンB1(米ぬか・酵母・肝臓などに多く含まれ、糖質代謝に関与し、欠乏すると脚気・神経炎などを起こす、最初に発見されたビタミン)」や「ビタミンB6(米ぬか・酵母・卵黄などに含まれ、たんぱく質代謝に関与する、欠乏すると口内炎・皮膚炎・神経炎などがみられるビタミンB複合体の一)」と協力して働いてくれるということも、忘れてはいけません。ビタミンB1は、神経にエネルギーを補給しています。また、ビタミンB6は神経伝達物質を作っています。