視力を回復させるためのビタミンB12摂取方法1

視力を回復させるためのビタミンB12摂取方法1

「ビタミンB12(酵母・胚芽などに含まれ、ポルフィリンに似たコリン環の中心にコバルトイオンを含む化学構造をもつ、ビタミンB複合体の1つ)」とは、水溶性ビタミンの1種であり、別称としてコバラミンがあります。結晶が赤いことから、赤いビタミンと呼ばれているのも特徴です。このビタミンB12の摂取は、造血(血液の生成)に関与しています。「葉酸(緑葉野菜・酵母・肝臓などに多く含まれ、欠乏すると貧血を起こす、ビタミンB複合体の1つ)」と協力して、悪性貧血を防ぐ作用があるのです。ビタミンB12にはさらに、ビタミンB1、ビタミンB6と共に、神経の伝達を正常にする働きを有しています。ビタミンB12を摂取することによって、バイオリズムが整い、時差ボケが解消するとも言われています。この作用には、安眠効果が期待出来るのです。そして、ビタミンB12が造血に関わっていることにより、同じビタミンB群の仲間である葉酸と協力して、赤血球にあるヘモグロビン(脊椎動物の赤血球中に含まれる、たんぱく質のグロビンと鉄を含む色素ヘムとが結合した色素たんぱく質)の生産を手助けしてくれています。