視力回復だけにとどまらないビタミンB2の効果3

視力回復だけにとどまらないビタミンB2の効果3

「ビタミンA(肝油・卵黄・バターなどに多く含まれ、植物中のカロテンも体内でこれに変化する、A1であるレチノールとA2がある)」も「ビタミンB2(フラビン酵素の補酵素として働き、欠乏すると口角炎・舌炎・皮膚炎・結膜炎などを起こし、酵母・米ぬか・牛乳・肉などに含まれる)」も、角膜と結膜を健康に保ってくれる働きを有しています。それだけにとどまらず、牛乳はよく知られているように、神経を鎮静化させて、眠りに導くカルシウムを始めとした、様々な栄養素が豊富に含まれているのが特徴です。つまり牛乳は、目を健康に保つためには欠かせない食品だと言えるでしょう。また、「糖尿病(体内でぶどう糖がエネルギー源として利用されるために必要なインスリンの不足によって起こる、高血糖と糖尿とが持続的にみられる慢性の病気)」の人は、最初にビタミンB1を多く摂取して、糖質の代謝を促すことが大切です。それから、ビタミンB2を摂取することが良いでしょう。