視力を回復させるためのビタミンB2摂取方法4

視力を回復させるためのビタミンB2摂取方法4

視力回復効果の期待出来る「ビタミンB2(フラビン酵素の補酵素として働き、欠乏すると口角炎・舌炎・皮膚炎・結膜炎などを起こし、酵母・米ぬか・牛乳・肉などに含まれる)」の摂取が不足してしまうと、新しい細胞が作られにくくなってしまいます。これによって、目の表面にある「角膜」や「結膜」といった粘膜が荒れてきてしまい、ごろごろとした感覚に陥ります。角膜とは、黒目の真上にある透明な組織のことです。コンタクトレンズをのせる部分になります。そして結膜とは、白目部分の表面とまぶたの裏側を覆っている透明な膜のことです。コンタクトレンズを着用していると、どうしても角膜の表面にあたる「角膜上皮(角膜上皮に障害が生じると、結膜との境界部にある幹細胞から新しい細胞が供給される、角膜の表面を構成する細胞層)層」に傷が付きやすい傾向にあります。本来であれば、このような傷は一晩で治るものですが、ビタミンB2の摂取が不足してしまうと、そうした傷が治りづらくなるのが特徴です。