視力を回復させるためのビタミンB2摂取方法3

視力を回復させるためのビタミンB2摂取方法3

「ビタミンB2(フラビン酵素の補酵素として働き、欠乏すると口角炎・舌炎・皮膚炎・結膜炎などを起こし、酵母・米ぬか・牛乳・肉などに含まれる)」を摂取することによって、全身にある細胞の再生と成長が促進されます。成長期にビタミンB2が不足することは特に、成長が止まってしまう原因になり得るそうです。ビタミンB2の摂取が不足してしまうと、細胞の再生が上手に作用しなくなります。全身の細胞は、常に作り変えられており、入れ替わっているのが特徴です。このビタミンB2が不足すると、細胞再生の過程において、異常が生じるのです。これによって、色々な細胞のゆがみが発生することになります。これは、見た目にとっても、いびつな形として現れるのです。具体的には、ビタミンB2の摂取が不足してしまうと、口内炎・舌炎・口唇炎・肛門や陰部が爛(ただ)れるといった症状が生じます。これは、髪や爪、肌にも、見て分かるほどの変化が生じるそうです。ビタミンB2の不足は、粘膜や肌といった表面に影響するということです。