視力を回復させるためのビタミンB1摂取方法3

視力を回復させるためのビタミンB1摂取方法3

脳(動物の神経系で、神経細胞が集合し、神経活動の中枢をなす部分)や神経にとっての唯一の栄養源が「糖質(穀物・砂糖・芋類などに含まれ、エネルギー源となる、糖を主成分とする物質)」になります。ビタミンB1の摂取が不足することによって、糖質の代謝が上手に機能しなくなると、神経(身体の機能を統率し、刺激を伝える組織)の伝達もまたスムーズにいかなくなってしまうのです。これによって、イライラしたり、怒りっぽくなったりします。目の場合でも同じことで、ビタミンB1の摂取が極端に不足してしまうと、電気信号の伝達に必要なエネルギーが生み出せなくなるのです。このような状態は、たとえ「網膜(視細胞と視神経の末端とが分布していて、視細胞から刺激が視神経によって脳に伝えられ、色や明暗を識別する、目の最も重要な部分で、外界の光を受けて像を結ぶ、眼球を覆う最も内側の膜)」に鮮明な映像がうつっていたとしても、脳にまで視覚情報がきちんと伝わらないということが起こる可能性が高まるのです。