視力を回復させるためのビタミンB1摂取方法2

視力を回復させるためのビタミンB1摂取方法2

炭水化物である「糖質(穀物・砂糖・芋類などに含まれ、エネルギー源となる、糖を主成分とする物質)」を分解する「ビタミンB1(米ぬか・酵母・肝臓などに多く含まれ、糖質代謝に関与)」が不足すると、結果的にエネルギーも足りなくなってしまうのです。これによって、疲れやすい人が多くなるわけです。また、甘いものをよく好んで食べる人の場合、ただでさえ体内において少ないビタミンB1を、すぐに消費することになってしまうわけです。そのため、目の中にあるビタミンB1が、極端に不足することになります。つまり、目の中もまたエネルギー不足に陥ってしまうのです。エネルギー不足になると、疲れ目や眼精疲労を生じやすい傾向にあります。現代におけるこのような栄養事情が、「近視(凹レンズで矯正出来る、水晶体の屈折力が強すぎるか、網膜までの距離が長すぎるために起こる、平行光線が網膜の前方で像を結ぶため、遠い所がよく見えない状態)」を招いているとも考えられています。