視力回復サプリメント「ビタミンB群」について1

視力回復サプリメント「ビタミンB群」について1

ビタミンBはそもそも、ビタミンB複合体の1つのことを言います。具体的には、米ぬか・酵母・肝臓などに多く含まれており、糖質代謝に関与しています。ビタミンBが欠乏すると、「脚気(かっけ、倦怠感・手足のしびれ・むくみなどから始まり、末梢神経の麻痺や心臓衰弱を呈する)」・「神経炎(末梢神経系の炎症)」などを起こす可能性が高くなります。最初に発見されたビタミンであり、鈴木梅太郎も発見してオリザニンと命名しました。別称としては、チアミン・アノイリンがあります。その中でも、ビタミンB複合体は、ビタミンB1・B2・B6・B12、およびニコチン酸(ニコチン酸アミドの形で生体内に広く分布し、特に動物の肝臓に多い、無色の結晶)・パントテン酸(広く動植物に分布し、特に肝臓・卵・酵母などに多い、補酵素の構成成分)・ビオチン(動物では腸内細菌によって合成され、補酵素として働く)・葉酸(緑葉野菜・酵母・肝臓などに多く含まれ、欠乏すると貧血を起こす)・コリン(動植物の組織、特に脳・肝臓・卵黄や種子などに含まれる強塩基性の物質)・イノシトールなどの総称になります。