視力回復のためにビタミンAの過剰摂取を防ぐ3

視力回復のためにビタミンAの過剰摂取を防ぐ3

ベータカロチンだけを摂取した場合、本来であれば、その3分の1がビタミンAに変換されます。そして、残りの3分の2が抗酸化物質として体内において活用されるわけです。しかしながらも、身体が必要とする量のビタミンAを同時に摂取すると、体内に取り込まれたベータカロチンは、ビタミンAに変換されなくなってしまうのです。これは、ベータカロチンのほとんどを抗酸化物質として使えることを示しています。つまり、全ての要素が活性酸素の退治に専念出来るわけです。また、同じカロテノイド(動植物界に広く分布し、黄・赤色ないし紫色を呈する、植物ではニンジンの根やトマトの実などに、動物ではエビ・カニの殻などに含まれる、カロテンに類似の一群の色素)の仲間であるルテインも、ビタミンAに変換されることはまずありません。だからこそ、全ての成分が抗酸化物質になってくれるのです。ルテインが強力な抗酸化物質として活躍出来るのは、この作用によるものです。ベータカロチンとビタミンAを同時に摂取することによって、ルテインのような強力な抗酸化効果が期待出来るようになります。