視力回復のためにビタミンAの過剰摂取を防ぐ2

視力回復のためにビタミンAの過剰摂取を防ぐ2

普通の生活の場合、ビタミンA過剰症に陥ることはまずありません。しかしながらも、ビタミン剤からビタミンAを摂取する場合は、その過剰摂取に注意する必要があります。具体的なビタミンA摂取過剰症としては、頭痛や吐き気などの副作用を伴うことになります。また、妊娠初期にある人の場合、過剰にビタミンAを摂取してしまうと、奇形児が生まれる危険性が高まるので、特に注意して下さい。ビタミンAは、「ビタミンD(肝油・卵黄・バターなどにビタミンAと共存して含まれ、D2・D3の活性が高く、カルシウム・りんの吸収を促進する作用をもつ、脂溶性ビタミンの1つ)」と一緒に摂取すると、吸収が良くなるのが特徴です。ビタミンDは、太陽に当たることによって、体内で生成されます。ビタミンAによる、角膜や結膜の保護作用を高めるためには、ある程度の日光浴も大切なことです。しかしながらも、太陽に当たり過ぎると、紫外線の害を受けてしまうので、何事も適度が大切です。また、ベータカロチンの抗酸化作用を最大限に活かしたい時には、ベータカロチンと一緒に、ビタミンAであるレチノールの摂取が有効です。