視力回復のためにビタミンAの過剰摂取を防ぐ1

視力回復のためにビタミンAの過剰摂取を防ぐ1

実は「ビタミンA(肝油・卵黄・バターなどに多く含まれ、植物中のカロテンも体内でこれに変化する、A1―レチノール・A2がある、欠乏すると発育不良・夜盲症や角膜・皮膚の乾燥などを起こす、脂溶性ビタミンの1つ)」は、摂取する上において、注意が必要な1番の栄養素と言えるでしょう。なぜならビタミンAはまず、脂溶性ビタミン(油脂に溶けるビタミンであり、ビタミンA・D・E・Kなどのことで、必要以上に摂取すると体内に蓄積し、ビタミン過剰症を起こすことがある)だからこそ、体内に蓄積されることになります。それによって、毎日必ず摂取する必要がないということです。さらに、現代人の食生活においては、ビタミンAが不足する心配がないのです。しかしながらも、授乳婦である場合は、不足になりがちなので、意識的にビタミンAを摂取する必要があります。普通に食事を摂取し続けていれば、ビタミンAの過剰症に陥ることはまずないと言えるでしょう。