ビタミンAにおいて視力回復するべき注意点3

ビタミンAにおいて視力回復するべき注意点3

ビタミンAそのものである「レチノール(ビタミンAの異称)」が多く含まれる食品としては、前項で見てきたように、肉類(食用にする肉の類)や魚介類(水産動物の総称)が挙げられます。肉類では、レバー(牛・豚・鶏などの肝臓)に最も多く含まれています。また、魚介類においては、うなぎ(ウナギ目ウナギ科の魚)に多く含まれているのが特徴です。その他としては、牛乳などの乳製品にもレチノールは多く構成されているのです。もう1つの「ベータカロチン(ニンジンやカボチャなどの緑黄色野菜に多く含まれ、摂取すると体内でビタミンAに変わる、カロテンの1つ)」の形で含まれている食品は、緑黄色野菜が代表的です。具体的には、モロヘイヤ、かぼちゃ、にんじんなどが多く含まれていると言われています。ベータカロチンを摂取することによって、身体が必要とする分だけが、ビタミンAに変換されていきます。だからこそ、緑黄色野菜の形で摂取するように心掛けることによって、ビタミンAの過剰摂取が防げるわけです。