ビタミンAにおいて視力回復するべき注意点1

ビタミンAにおいて視力回復するべき注意点1

「ビタミンA(肝油・卵黄・バターなどに多く含まれ、植物中のカロテンも体内でこれに変化する、A1―レチノール・A2がある、欠乏すると発育不良・夜盲症や角膜・皮膚の乾燥などを起こす、脂溶性ビタミンの1つ)」は脂溶性だからこそ、その過剰摂取には充分な注意が必要になっています。また、ビタミンAの構成要素である「ベータカロチン(ニンジンやカボチャなどの緑黄色野菜に多く含まれ、摂取すると体内でビタミンAに変わる、カロテンの1つ)」には抗酸化作用があり、目を酸化から守ってくれています。抗酸化作用とは、鉄が錆びるのと同様にして、人間の身体が錆びるのを防ぐ作用のことを言います。前述したように、ビタミンAは脂溶性ビタミンの1種になります。脂溶性ビタミンは、油脂に溶けるビタミンのことです。具体的には、ビタミンA・D・E・Kなどが挙げられます。脂溶性ビタミンは、必要以上に摂取すると体内に蓄積してしまうことから、ビタミン過剰症を起こすことがあるので、摂取には注意が必要です。