視力回復サプリメント「ビタミンA」2

視力回復サプリメント「ビタミンA」2

ビタミンAは、ロドプシンの基となる物質だということは説明しました。だからこそ、ビタミンAを充分に摂取することによって、暗いところであってもよく見えるようになるわけです。ビタミンAには、「角膜」、「結膜」という目の粘膜を保護する作用もあります。目の表面を涙で潤すことによって、乾燥とウイルスから目を守ってくれるのです。ビタミンAはまた、脂溶性のビタミンになります。だからこそ、ビタミンAの過剰摂取には、特に注意する必要があります。ビタミンAの前駆体である「ベータカロチン(ニンジンやカボチャなどの緑黄色野菜に多く含まれ、摂取すると体内でビタミンAに変わる、カロテンの1つ)」には、抗酸化作用があることから、目の組織を「活性酸素(一重項酸素、過酸化水素、スーパーオキシドアニオン、ヒドロキシラジカルなど。体内で過度に発生すると、脂質やたんぱく質、DNAなどに影響し、老化促進などの原因になるといわれており、また、その強い酸化力を、消毒、除菌、浄水、脱臭、大気浄化などに利用する、化学反応が起こりやすくなった酸素)」による害から守ってくれているのです。