視力回復成分アントシアニンのすごい力2

視力回復成分アントシアニンのすごい力2

「コラーゲン(煮るとにかわができる、動物の結合組織の主成分で、骨・腱・皮膚などに多く含まれる繊維状の硬たんぱく質)」が、目における「角膜(後方につながる強膜とともに眼球壁をなし、後面は前眼房に接する、眼球の前面を覆う透明な膜)」や「水晶体(透明なレンズ状をなす、眼球内の前方にあり、外からの光線を屈折して網膜上に像を結ばせる器官)」を支えてくれる骨組みのような役割をしてくれることから、視力回復成分である「アントシアニン(植物色素アントシアンのうち、アントシアニジンに糖が結合した配糖体)」には、コラーゲンによって生成されている角膜や水晶体の老化を、押さえる働きがあると考えられています。つまり、いつまでも若々しく、弾力性と透明性を保ってくれるというわけです。さらに、アントシアニンの「抗酸化作用(活性酸素が、人間の身体を酸化させ、動脈硬化などを引き起こし生活習慣病や老化を招くことから、その活性酸素を抑えること)」もまた、角膜と水晶体の老化を遅らせる作用を有しています。